今どきの終活事情と変わる葬儀のかたち

葬儀の方法からお墓探し、最期を迎える為の準備に役立つ情報をお伝えします

葬儀会社探しから

もし、自分の家族に不幸がやってきた時、どの様な葬儀をあげてあげたいと思うでしょうか。
又、自分の最期の時を考えた時、どの様に送って欲しいと思うでしょうか。
事前に別れの時がわかってる場合、突然の別れになってしまった場合など状況は様々ですが、大切な人との別れに、喪失感や寂しさでいっぱいかと思います。
ですが、大切だからこそ後悔のないように最期の時間を作りたいですね。

『葬儀』と一口に言っても、その形は様々です。
どの様な形式をとるのか、どんな人達と一緒に過ごすのか、また費用的な面も考慮しながら自分達に合った式の形を選びましょう。
また、お墓や仏壇といった、葬儀後の供養の準備も必要になってきます。
特に位牌は四十九日の法要に必ず必要な物ですし、お墓の形も、今は後継人なども考慮して多様な形が準備されています。

大切な人との別れ。
いつかその時がくるとわかっていても、いざお別れとなると伝えたい思いで胸がいっぱいになります。
「今までありがとう」という感謝であったり、「いなくなってしまうなんて寂しい」という訴えだったり人によって様々です。
また、もし別れの原因が病気や不慮の事故であれば「なんで」「どうして」という思いもあるでしょう。
もっとたくさん、したい話があったのにと誰もが思ったりもするかと思います。
最期の別れの時間はとても心苦しい物かもしれません。しかし、残されるものとして思い残すことがないように、丁寧な計画を立てたいですね。