今どきの終活事情と変わる葬儀のかたち

葬儀の方法からお墓探し、最期を迎える為の準備に役立つ情報をお伝えします

誰もが迎える、お別れのとき

この記事をシェアする

葬儀会社選び

街にある葬儀会社を調べて、直接訪ねて行きます。
事前の電話での連絡は必要ありません。
先を見越しての終活なのか、それも身近に看取りを控えた人がいるのかなど、簡単に話を聞いてもらいます。
また家で決まっている宗派や、菩提寺(先祖代々のお墓のあるお寺。特定のお寺の檀家かどうか)の確認を行っていきます。
自分たちがどのような葬儀をあげたいのか等などの希望も伝えていきましょう。

また葬儀会社にもよりますが、施設内の見学をさせてもらえる場合もあります。
実際に葬儀を執り行う部屋も、一般葬か家族葬によっても違ってきます。
通夜と告別式で日をまたぐ場合は施設に遺族が泊まる時もあるので、その際使う部屋なども見せてもらえます。

どのくらい希望通りの式ができるかはもちろん、予算も相談をしながらしっかりと決めましょう。
ひとつの葬儀会社だけに決めず、いくつかの葬儀会社をまわって比較をしていく事が大切です。

看取りを終えたら

病院や自宅で看取りを終えたら、決めていた葬儀会社へ連絡を入れます。
連絡をいれるタイミングはすぐでなくてもかまいません。
今は24時間で電話対応を行っている葬儀会社も多いので、気持ちが落ち着いてから電話をいれましょう。
実際にいつ式を行うのか、地区の火葬場の空きに合わせて日程を決めます。
希望する日に火葬場が空いていれば、亡くなった次の日でも式を行う事はできます。
しかし、式の内容や香典返しなど、初めてだとどう決めたらよいのか迷うことも多いです。
終活の過程で決めているのであれば別ですが、そうでない場合は故人の体や遺族に無理のない範囲でかまわないので、亡くなった日から日にちを少しあけた方が良いかもしれません。