今どきの終活事情と変わる葬儀のかたち

葬儀の方法からお墓探し、最期を迎える為の準備に役立つ情報をお伝えします

お仏壇とお墓

この記事をシェアする

位牌とお仏壇

葬儀の後は自宅の祭壇に白木の位牌がありますが、四十九日の法要までに黒塗りの位牌の準備が必要です。
お仏壇の準備は必須ではありませんが、位牌の大きさやデザインに合っている物が良いです。
位牌とお仏壇を、仏具店で実物を見ながら決めましょう。
お仏壇の向きなどは、宗派にもよりますが必ず決まった向きというものはありません。
今は家具調といった作りのお仏壇もありますが、出来るだけ家族が普段過ごす部屋に置けるのが良いでしょう。

今は一口に『位牌』と言っても様々なデザインから選べます。
黒塗りに絵柄の入った可愛らしい物などがあります。
ですが、どの位牌を作るにしても共通して、白木の位牌と同じ事が書かれていないといけません。
漢字だけでなく、梵字など間違いがあってはいけないので、仏具店を訪ねる際は綺麗なタオルなどに包んで白木の位牌を持っていくと良いでしょう。

お墓選び

・一般墓
一般的なお墓のイメージの墓石を建ててる形です。
埋葬できる人数に限りがなく、霊園であれば管理費の支払いさえ行えば永続的に残っていくお墓です。
しかし、誰かが継いで守っていかなければならないという点や、建てる時に高額な料金が必要であったり、いつか墓仕舞いをおこなうとなるとその際にもお金が必要となります。

・樹木葬
・納骨堂
・自動搬送式納骨堂
・永代供養、合祀墓
永代供養墓となるこれらは、個別で決まった期間供養をしたあと他の遺骨と一緒に合同墓地に土に還し埋葬されます。
一般墓より費用も圧倒的に安く宗教不問の場合が多く、跡継ぎがいなくても供養の心配がありません。
ですが最終的には骨壺から出た遺骨を、ほかの遺骨と一緒に土に還すことになります。
遺骨を再度取り出す事は出来なくなってしまうので注意が必要です。